スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ちょんっ♪っと!⇒
  • 地球をどんどん どんどん どんどん どんどん♪

    山の家に来ています。
    今回の目的は。。

    先週、丁度 一週間前にハルが亡くなりました。
    15歳。
    長生きしたんだと思います。
    人間の年齢でだと80歳くらいだった感じかな。


    診察に行く前のハル。
    元気そうです。

    が。。しかし、
    先週の水曜日に卵巣嚢腫が原因の出血で貧血がひどくなり、急遽、手術になりました。
    高齢の子ではよくあることらしくて、成功率も90パーセントってゆうことだったので、
    いつもお世話になっているH先生にお任せしました。

    無事、手術も終わり翌日にハルに会いに行ったら、診察室の奥から自分で歩いて、トコトコと出てきた。
    『あ!おとうさんや!』
    て感じでよってきたハルとハグしたあとで、
    『ほな、帰ろか、お父さん!』
    そのまま診察室から出て行こうとするハルにもう一日我慢やで!と言って帰ってきたくらい元気やった。


    翌日のお昼に先生から電話があり、経過も順調、貧血も解消してきてるんで、夕方にお迎えとなった。

    そして、夕方。
    退院のはずのハルの容態が急変したとの事で、慌てて向かった。

    ハルがゼェゼェゆって横になっている。
    苦しそう。かなり吐いたりもしてる。
    先生いわく、肺炎なってしまったらしい。
    しかも、腎不全も併発。
    いわゆる、高齢での術後の免疫の低下で、多臓器不全になってしまったそうだ。

    危険な状態やけど、まだ可能性はあるし、ハルも頑張っている。

    帰りたがってやるし、嫁や母は連れて帰ってあげようか?とゆう。
    俺は連れて帰ったら死んでまうやん!
    そんなんハルが、
    ハルに限って死ぬわけない!
    あんな元気やってんで!
    昨日、俺が会いにきた時、帰りたがってたけど笑ってたもん。
    治療してもらった方がいいに決まってる!
    と思った。


    先生もこんな状態から回復した子もいるとゆう。
    ハルは帰りたがっているけど、帰ると間違いなく死ぬ先生はゆう。

    ほら、しんどそうでさびしそうでかわいそうやけど、あかんて。
    結局、先生に預け明日の朝まで容態を見てみることになった。

    そして、家に戻って少したった一時間半後、病院から電話が。。

    ハルの呼吸が止まったらしい。

    蘇生措置をしているとのことなので、大急ぎで家族で病院へ。

    残念ながら、ハルはそれきり
    帰ってきませんでした。

    H先生も悲痛な顔をしていいはった。
    一度回復して、昼間は病院内をうろちょろしてたくらいらしい。
    なので、安心していたし、今回のような事は先生も初めてで本当にショックだと。
    そして、先程、我々が帰った後ハルはしばらく1人で泣いていたらしい。
    それだけに、帰らせてあげたらよかった。
    看取ってあげてもらうことができなかった。。それが悔やまれると。。

    あかん。
    俺もあかんかった。
    考えが甘かった。
    ハル、ごめん。
    ほんまにしんどくて寂しかったやろうと思う。
    なんで、帰ってまうん?と悲しかったよなぁ。
    ほんまにごめん。
    俺がおらんで、嫁とおかあさんだけやったら、連れて帰ってもらって、
    最期は一緒に家でおれたかもしれんかったのに。。
    俺が一晩看てもらおうってゆうたから。。


    H先生には本当によくしていただきました。
    とても感謝しています。
    親身に見ていただいて、ハルもH先生と一緒だったから安心だったと思います。


    まだ温かいハルと一緒に家に帰り、実家の和室にハルを寝かせた。
    出血がずっとあったので、ふうたとはしばらく別にしていたのだ。

    とりあえず、俺は家の方に戻り、留守番をしていたふうたをとりあえず散歩に連れ出した。

    もしかしたら、実家に行ってハルに逢えるのか?とテンションが高い。

    やたらハァハァいいながら引っ張るので、ちょっとイラっとして、立ち止まり、
    『ふうた!ハルねえさん、おらへんようになってんで!死んでんで!』
    とゆうと、なんか黙って、なんか俺の後ろの方見てシッポ振ってる。

    ん?なにしてるん?聞いてる?と思いつつも
    『おまえもしっかりせな!もう、ハルねえさんおらんねんから!』


    シッポ振ってる。
    で、なんでやろ?
    そこからは急に普通に歩き出した。

    もしかしたら、ハルが会いにきて、ふうたと話してくれたんかな?

    そして、その夜は俺らは実家でハルのそばについてたんで、しっかりしたふうたは一晩、家で留守番をしたわけであります。

    きっと、あん時にハルはお別れににきたんやろなと勝手に思ってます。
    翌朝、ふうたは会いたくて会いたくてしょうがなかったハルにあった時も
    その後も一通り家の中とかを探したあとは、なんかもうハルがいないことを
    受け入れている感じがした。
    そして、じゃっかん、、、
    ホンマにじゃっかんしっかりしたような気も。。気のせいかな?

    いわゆるお年寄りの憧れ ピンピンコロリで逝ったハルなので、その最期は毛並みもフサフサさらさら♪
    ホントに寝てるようにしか見えないきれいなべっぴんさんのままの最期でした。

    愛用の布団に横たわっている姿は、
    年取ってからのハルは一日の大半を寝て過ごしていたので、まんまその感じ。
    数年前から耳も聴こえなくなっていたので、いつも静かな世界にいた。
    だから、少々のことがあっても寝ていた。

    それこそ、『ハル、生きてる?』って心配になるくらい。
    そんな時は、ポンポンと触ると、『え!何?』って顔を起こすのでそれで安心したり、
    呼吸してお腹がゆっくり動くのを見て安心してた。

    だから、この時もジッとみてるとゆっくり動いてる気がして、『あ?生きてる?』と思って、
    何回かポンポンやってみたけど、やっぱり顔をおこしてはくれない。
    やっぱりそうゆうことやねんなぁ。。

    俺の場合、諸事情で肉親の繋がりが薄い。
    なので、今までも身内の不幸は色々あって、悲しい事はいっぱいあったけど、
    そんなにずっとみっちり一緒に過ごした人の死には直面したことはない。

    ハルはねぇ、
    子供の時から、そして、結婚してからもずっと一緒にいたからね。
    海も静岡から串本、日本海、土佐中村とほんまあちこちいって、いろんな人に可愛がってもらった。
    楽しいこともやなことばっかりの時期もいつも一緒におった。
    いまだこんなに濃密に関わった人(すんません、もう俺には人で家族なんです。)の死に直面するのは、
    ほんまに始めてなんです。
    だから、病院でもいなくなるわけないやんみたいな感じがあって、ハルにさみしい目をさせた。

    今回の死は最初はいきなりだったんで、死んでるわけないみたいな感じがあって、
    実感がまったくわかなかった。
    しかし、少しずつその感じがきだす。。

    ハルは抱っこがちょっと変わっていて、
    おれがお尻を抱えて前足を俺の右肩にかけて、後ろ向きに抱っこするスタイル。
    最後に俺がそれをしたのは、一番上の写真の診察に行く時に階段を降りる時にしたのが最後。
    家に帰ってきたハルを抱っこしたけど、まだ温かいけど、
    もう俺の肩には手を掛けてくれないし、後ろを見ててくれることもしてくれない。
    眼は開いているけど、光はない。
    なんでよ、ハル。

    そこから。。。どんどんあとから喪失感がやってくる

    散歩に行く時はくせで『ハル!ふうた!』って2人呼んで、『あ、ウソ!』とかふうたに言い訳ゆうてるし、
    ふうたとハルの歩くスピードが違いすぎて、両手引っ張られるわリード絡むわうんちくんはしだすわで大変やったんが、妙になつかしかったり
    台所に立ったら、なんかいつものように横になってテーブルの下の定位置からこっち見てるんちゃうか?と、見てみたり。。
    んで、冷蔵庫開けて玉子見たら、
    あ。。そういや、昔、食べるわけないと生卵を置いといたら、寝室に卵の殻だけがキレイに食べて残ってて、
    ハルが嫁に『あんた、蛇か!』って怒られてやったな。。と、思い出し、

    寝室のハルのお気に入りの布団の上には、いつものように爆睡してんちゃうか?と覗いて見たり、
    実家の庭にふうたがおったら、ハルも植木の陰から出てくるんちゃうか?とか、
    何かの拍子に
    『かしこいハルさん、どこの人~♪かしこいハルさん うちの子~♪』
    ってゆうハルのテーマソング唄ってたり、
    『かしこいっ!かしこいっ!かしこいっ!かしこいっ!』
    の手拍子で掛け声かけると、ハルはお尻フリフリで、テンションあがってはしゃいでたんとか、思い出してしまう。

    あかん、どんどん出てくる。

    ふうたの生まれる前、歩くのが早かった頃のハルはもくもくとまっすぐスタスタ歩いて行くので、
    『地球をどんどん どんどん どんどん どんどん♪
    地球をどんどん どんどん どんどん どんどん ♪』

    と言いながら、散歩してた。
    これが俺とハルの散歩のテーマ。
    これがふうたなんかやったら千鳥足のように落ち着きなくチョロチョロチョロチョロよそ見しながら歩きよるからね。

    キック兄さんがよその人見て『ワン!』と吠えると、キック兄さんは行かへんのに、
    『兄さん!うちが行ってきまっさーーーー!』
    と、猛ダッシュでよその人追いかけ回して、えらいことなって、
    後から1人で怒られてキック兄さんにしらーん顔されてたり。。


    ほんまにあかんな。。
    なんぼでも出てくる。
    読んでくれてはる方は適当に流してください。







    なぜ山の家にきているか?に戻ります。

    お葬式のあと、小さくなったハルはようやく。。やっと帰りたくてしょうがなかった家に帰り、
    家族で一週間過ごし、
    この週末、五年前に亡くなったキック兄さんのお墓のある山の家にやって来ました。

    山が大好きでした。
    いつも到着するまで爆睡してても、山の家の3kmくらい手前から起きてきてきゃんきゃん大騒ぎして、
    鼻ヒクヒククンクン山の空気の匂い嗅いで喜ぶくらい好きな場所なんです。

    その大好きな場所で、大好きなキック兄さんと走りまわっといで。
    もう、身体も軽いから、いっぱい走れるで。
    また
    地球をどんどん どんどん どんどん どんどん ♪
    やわ!ハル!

    今日の山は大雨です。

    少し回復しそうな明日の朝、お墓を作って、大好きなハルを天国に送ってあげようと思います。
    キック、よろしくやで。





    このふうたの後ろあたりの森に。。。。
    ふうたも明日はちゃんとさようならとありがとうってゆうんやで。
    お前はめっちゃ優しくしてもらってんから。

    それはそうとね。。今週の朝日新聞の朝刊広告。


    びっくりしたわー!
    固まったわーーーー!
    ハルの本名は森本ハルカやからね。

    そうか、ハルカはすぐ近くにいるのか。。やっぱりな。

    妙に嬉しかった。

    siriも気にかけてくれてるし、ドコモからでたら俺もiPhoneに変えよかな。

    追記
    今日、朝まで、ハルがあっちに行くのを嫌がるかのように大雨でした。
    まだ雨の残る中、お墓を作ってお別れをしたら、
    そのあと、あっとゆうまに雨が止んで太陽が出てきました。



    ちょうど一輪だけあやめが咲いていたので、お墓に一緒に植えました。
    木漏れ日の写真はそこから見上げた空です。

    ハル   さようなら
    また、いつか。
    スポンサーサイト
  • ちょんっ♪っと!⇒
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    ハルちゃん(ノД`)シクシク

    あか~ん涙



    ハルねぇさんはもりもっちゃんと人生やりきれて幸せですね

    Re: タイトルなし

    たかお、しげさん

    おおきにです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: No title

    ありがとうございます。
    大丈夫です。
    一週間たって、だいぶ切り替わりました。

    最後の方には耳が遠くて、手話と目で会話してたんで、ほんまに伝わってたと思っときます。
    おおきにです。
    プロフィール

    harubone

    Author:harubone
    望みはパドリングして、アウトにまで行けるようになること!
    夢の波待ち。
    左手駆使して書きます♪

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    厄神様の通り道

    携帯待ち受けFLASH作成所
    FC2カウンター
    リンク
    FC2ブックマーク
    ブロとも一覧

    KURY LOG

    週末波乗り・連休 心のふるさと つり橋の里キャンプ場

    171blog

    はぁ~い!ガッツあるっす!!
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    最新トラックバック
    FC2拍手記事別ランキング
    よよ♪
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。