スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ちょんっ♪っと!⇒
  • 国会にいってもらおう!

    ひさしぶりにですね。
    自ら、

    観に行きたい!

    と思っている映画があります。

    だいたいね、最近の映画てね、おもんなさすぎるでしょ?

    ハリウッドにしても脚本がないのか、いったん評価のある作品のリメイクが多い。
    『ディパーテッド』あたりから始まって、『シャル・ウィ・ダンス』で、
    挙句の果てに忠犬ハチ公リチャード・ギアが『ハーチィ~』ってやって、ドラゴンボールですわ。

    さらに『SP』も既にハリウッドリメイクが決まってるとか。。
    堤真一が、
    『リメイクせずにこの作品を持っていけ!』
    って怒ってたんがわかる。
    なんでも、アメリカ製にしたがりやがる。

    下手したらワンピースも危ないぞ。
    luffy2004021105.jpg
    ほり深いルフィなんて見たくない。

    img_766978_6258776_2.jpg

    ドンキーような↑チョッパーも許されへん。

    まぁ。。
    ウソップ大泉洋
    白ひげハルクホーガンで文句ないけどな。

    とにかく、
    CG使いまくりの上に、中身のないストーリーの幼稚な3D映画なんて全く観たくない。
    そんなんなら、USJかディズニーリゾートいくっちゅうねん。


    こないだの大コケしたスピルバーグの3Dアニメなんてひどい。

    絶対おもんないと思ったもん。
    まったく話題にもならんかったし、ありゃ誰も観にいかんわ。

    images_20120211175954.jpg

    これね、原題は『the adventures of TINTINでしょ?

    何をちょっと気をつこてタンタンに呼び変えてんだか。。

    素直に
    『チンチンの大冒険 ユニコーンの秘密』
    にしたほうが絶対に話題になったね。


    おいおい(* ̄□ ̄*;
    大冒険しよんのかいな!
    おまえの一角獣にいったいなんの秘密あるんやーーーーー???!



    下ネタはいいとしまして。。。。



    日本の映画もなんじゃら・・漫画とか原作のんばっかりやしね。
    ぬるーーーいのが多い。

    そんなことゆうてる俺はどんな映画が好きなのかって?

    そうっすねぇ・・・
    古いところでだと。。
    125186226517816129560_oitumerarete-nw1.jpg


    『追いつめられて』
    とかね。


    見て(◎o◎)
    このおっとこ前でわっかいケビン・コスナー!
    また、ジーン・ハックマンがええ感じでねちこいねん!


    もうね。。最後までハラハラドキドキの大ドンデン返しやからね。

    おもろい!



    お次は、、
    200910020212101d2.jpg

    『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』

    アル・パチーノがかっこええねん!
    もうね。。いちいちセリフにしびれます。

    盲目の退役軍人のアル・パチーノが、お世話のアルバイトに来た大学生の主人公にね、
    『ジャッキーをくれ!』
    ってゆうねんね。
    『え?ジャッキーって?』
    ジャック・ダニエルのことなんですわ。

    『いいんだ。俺は奴とは付き合いが長いからジャッキーなんだよ』

    とかね。
    しょうもないけど、かっこいい!
    盲目のアル・パチーノが目を開けてるのに、見えてない演技してる。
    だから、絶対に視線はいつもずれてんねん。
    見てしまいそうになるはずやのに、絶対に焦点は合わさない。
    その演技もすごい。

    随所に記憶に残るセリフとシーンがいっぱいあって憧れる。



    とりあえず、今思いついたのはそんなんやけど、
    低予算映画では
    『レザボアドッグス』
    『バウンド』
    『サイモン・バーチ』

    SFでも、
    『ブレードランナー』だの
    『エイリアン』

    だのいっぱいある。

    でも、最近ないわーーーー!
    俺がすれてきたんかなぁ。。




    そんな俺がこの度、ひさびさに観たいと思った映画2本。

    まずは

    images (1)

    『ドラゴン・タトゥーの女』

    前回のブログで書いてた『ソーシャルネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーが監督。

    『セブン』いまいちやったけど、『ファイトクラブ』は好きやった。

    観る前から知っててもしゃあないんで、詳しい内容はわからんけど、
    宣伝とかなんかイメージで観たい!って思った。

    チンチンの冒険じゃないけど、そうゆうのが大事でしょ。


    ハリウッド映画では
    sandra_bullock_tom_hanks_slice.jpg

    「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
    も、この子役がよさそうなんで気にはなるけど、トム・ハンクスとサンドラ・ブロックがでてる時点で、DVDでいいや!と思った。
    子役もんは子役がなんぼ良くても周り次第で、それがこの二人じゃぁ。。。やからね。




    もう一作が日本映画で、
    images (2)

    『はやぶさ 遥かなる帰還』

    既に公開されたはやぶさシリーズの2作、堤幸彦監督のんとかあったけど、それは全く興味なかった。

    なのに。。なんで観たくなったか?

    それはですね。。。
    先月末のダボス会議での渡辺 謙さんのスピーチを聞いたからなんですよね。

    ちょっと長いですけど。。全文を。

    『初めまして、俳優をしております渡辺謙と申します。

     まず、昨年の大震災の折に、多くのサポート、メッセージをいただいたこと、本当にありがとうございます。皆さんからの力を私たちの勇気に変えて前に進んで行こうと思っています。

     私はさまざまな作品の「役」を通して、これまでいろんな時代を生きて来ました。日本の1000年前の貴族、500年前の武将、そして数々の侍たち。さらには近代の軍人や一般の町人たちも。その時代にはその時代の価値観があり、人々の生き方も変化してきました。役を作るために日本の歴史を学ぶことで、さまざまなことを知りました。ただ、時にはインカ帝国の最後の皇帝アタワルパと言う役もありましたが…。

     その中で、私がもっとも好きな時代が明治です。19世紀末の日本。そう、映画「ラストサムライ」の時代です。260年という長きにわたって国を閉じ、外国との接触を避けて来た日本が、国を開いたころの話です。そのころの日本は貧しかった。封建主義が人々を支配し、民主主義などというものは皆目存在しませんでした。人々は圧政や貧困に苦しみ生きていた。私は教科書でそう教わりました。

     しかし、当時日本を訪れた外国の宣教師たちが書いた文章にはこう書いてあります。人々はすべからく貧しく、汚れた着物を着、家もみすぼらしい。しかし皆笑顔が絶えず、子供は楽しく走り回り、老人は皆に見守られながら暮らしている。世界中でこんなに幸福に満ちあふれた国は見たことがないと。

     それから日本にはさまざまなことが起こりました。長い戦争の果てに、荒れ果てた焦土から新しい日本を築く時代に移りました。

     私は「戦後はもう終わった」と叫ばれていたころ、1959年に農村で、教師の次男坊として産まれました。まだ蒸気機関車が走り、学校の後は山や川で遊ぶ暮らしでした。冬は雪に閉じ込められ、決して豊かな暮らしではなかった気がします。しかし私が俳優と言う仕事を始めたころから、今までの三十年あまり、社会は激変しました。携帯電話、インターネット、本当に子供のころのSF小説のような暮らしが当たり前のようにできるようになりました。物質的な豊かさは飽和状態になって来ました。文明は僕たちの想像をも超えてしまったのです。そして映画は飛び出すようにもなってしまったのです。

     そんな時代に、私たちは大地震を経験したのです。それまで美しく多くの幸を恵んでくれた海は、多くの命を飲み込み、生活のすべてを流し去ってしまいました。電気は途絶え、携帯電話やインターネットもつながらず、人は行き場を失いました。そこに何が残っていたか。何も持たない人間でした。しかし人が人を救い、支え、寄り添う行為がありました。それはどんな世代や職業や地位の違いも必要なかったのです。それは私たちが持っていた「絆」という文化だったのです。

     「絆」、漢字では半分の糸と書きます。半分の糸がどこかの誰かとつながっているという意味です。困っている人がいれば助ける。おなかがすいている人がいれば分け合う。人として当たり前の行為です。そこにはそれまでの歴史や国境すら存在しませんでした。多くの外国から支援者がやって来てくれました。絆は世界ともつながっていたのです。人と人が運命的で強く、でもさりげなくつながって行く「絆」は、すべてが流されてしまった荒野に残された光だったのです。

     いま日本は、少しずつ震災や津波の傷を癒やし、その「絆」を頼りに前進しようともがいています。

     国は栄えて行くべきだ、経済や文明は発展していくべきだ、人は進化して行くべきだ。私たちはそうして前へ前へ進み、上を見上げて来ました。しかし度を超えた成長は無理を呼びます。日本には「足るを知る」という言葉があります。自分に必要な物を知っていると言う意味です。人間が一人生きて行く為の物質はそんなに多くないはずです。こんなに電気に頼らなくても人間は生きて行けるはずです。「原子力」という、人間が最後までコントロールできない物質に頼って生きて行く恐怖を味わった今、再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、子供たちに未来を手渡すことはかなわないと感じています。

     私たちはもっとシンプルでつつましい、新しい「幸福」というものを創造する力があると信じています。がれきの荒野を見た私たちだからこそ、今までと違う「新しい日本」を作りたいと切に願っているのです。今あるものを捨て、今までやって来たことを変えるのは大きな痛みと勇気が必要です。しかし、今やらなければ未来は見えて来ません。心から笑いながら、支え合いながら生きて行く日本を、皆さまにお見せできるよう努力しようと思っています。そしてこの「絆」を世界の皆さまともつないで行きたいと思っています。』



    感動的じゃないですか?
    明るくこの国に誇りを持とうとゆう気持ちになりません?
    震災後、放射能の問題もあって、全てにおいて安心と言えなくなった日本ブランドはこれからどうするのか?
    日本のこれからの展望は?
    方向性は?
    どうしていく?

    そうゆうことを、俳優の渡辺 謙さんが世界に発信することができるダボス会議で語っている。
    ダボス会議ってゆうのはそうゆうのを世界に発信していくのにものすごく意味のある場だと以前何かで読んだことがある。

    でもね。。これって、本来、政治家である総理大臣がやるべきことでしょ?

    あ。。ちなみにどじょう総理に頼まれて、菅直人もダボス会議に行ってたらしいですよ。
    なんの話題にもなってないですけどね。


    このあたりから、考えて思ったことがあるんですけどね。

    もう間違いなく政界は再編されるでしょう。
    ガラガラポンの後に、総理候補となってくるのは誰か?

    前原さんとか石原伸晃?
    谷垣さんはないな。
    石破さんは喋り方が嫌い。
    橋下さんは大阪でがんばってもらいましょ。


    ・・・ここは。。
    第96代 日本国 内閣総理大臣

    渡辺 謙

    ってどう?

    想像してみてください。

    世界中の各国首脳とのサミットやら会談での姿。

    アメリカ大統領との壇上でのやり取りとか!


    絵になるでーーーー!
    英語に関しても当然問題なし!!

    世界中で、知名度も高い。

    白血病を乗り越えての復活。
    今も続くC型肝炎とゆう健康面の不安もありますが、今のところは問題なさそうやし、
    そうゆー意味では福利厚生の行政に対しても、英断とゆえる政治決断をやってくれそう。
    私利私欲からはもう既に達観しておられるように見える。

    考え方については既に今回のダボス会議で世界に発信して評価を受けている。

    おまけに熱狂的な阪神タイガースファンときてる!
    完璧です。

    そして、その渡辺謙さんの今後、これからの日本を考える上でも、
    鍵になりそうな内容の映画が

    『はやぶさ 遥かなる帰還』

    なわけです。

    ほら、観に行きたくなってきたでしょ?

    後の総理大臣の主演映画ですよ?

    数年後には国会で
    衆議院のラストサムライ解散をやる人なのです。


    ま、そんなわけで映画を観る前からエライ語ってしまったけど、続きは見た後でまたブログに書こうと思います。



    もし。。。そのブログが書かれることがなかったら?

    ・・・・・まぁ・・その程度のものだったってことで。。、


    その時は、渡辺 謙総理の話は忘れてください
    スポンサーサイト
  • ちょんっ♪っと!⇒
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    ウフフ

    今日、見てきました!
    ドラゴンタトゥーの女

    面白かったですよー\(^o^)/

    Re: No title

    なんですとー!

    あかん、負けずにさっさといかねば。。
    プロフィール

    harubone

    Author:harubone
    望みはパドリングして、アウトにまで行けるようになること!
    夢の波待ち。
    左手駆使して書きます♪

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    厄神様の通り道

    携帯待ち受けFLASH作成所
    FC2カウンター
    リンク
    FC2ブックマーク
    ブロとも一覧

    KURY LOG

    週末波乗り・連休 心のふるさと つり橋の里キャンプ場

    171blog

    はぁ~い!ガッツあるっす!!
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    最新トラックバック
    FC2拍手記事別ランキング
    よよ♪
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。