スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ちょんっ♪っと!⇒
  • 涙目正月

    えらい泣いてしもうたがな。
    正月から。。( ̄◇ ̄;)






    あけましておめでとうおめでとうございます。




    元旦はいい天気で御嶽山のご来光に参拝しまして、今年も笑顔で過ごそうとスタート!



    なのになぜ、泣いてるのか?



    それは何故か?
    なにゆえか?

    これです。



    小太郎の左腕 和田竜

    この作家。。最近好きなんですよねぇ

    最初に読んだのは『のぼうの城』


    これがおもろかった。
    なんとなくおもっくるしいイメージのある歴史小説を感覚を掴みやすい現代語の感性で書いた感じ。

    初めて、司馬遼太郎の本を読んだ時の感じにも似てる。
    面白かったので嫁にも
    『絶対、映画になる!』
    と、意味のわからん宣言をしていた。

    。。すると、美味しんぼ作者が漫画化した上に
    (これは実にしょぼかった。)
    映画化も決定。



    ただね、読んだ人ならわかってもらえると思うが、野村萬斎はないわーーー(-_-#)
    ただ単に踊りの部分があったからちゃうん。



    こないだまで陰陽師やってはってんで。
    安倍晴明からのギャップは激しすぎるで。


    。。。。と思いながらも、それなりに観て
    いちゃもんつけたろ!と思ってたら昨年九月の封切りが上映延期になってしまった。

    なぜなら、この小説は、石田三成が川を堰き止め氾濫させて水攻めをする話。


    そらあかんやろーーーーーーー( ̄◇ ̄;)

    東日本大震災があって、津波被害が春にあってその秋に水攻めの映画の公開は。。



    きっとそれは、安倍晴明が怒っ。。


    ・・・あかんあかん!
    そんなこと書いたらあかん。
    罰当たる。


    主人公ののぼうとゆうのは、でくのぼうの略で、
    本の扉絵がイメージの顔なら野村萬斎はちゃうやろ。

    そこで、私なら彼を推したい。




    カロリーメイトのCMに出てた荒川良々

    ばっちりやと思うんやけどなぁ。。。。

    とにかく、彼の作品は読みながら、めっちゃキャスティングを考えてしまう楽しみのある本なんです。


    読んだ方いたら、ご意見お待ちしております。



    えらい話がそれた。

    一作目の『のぼうの城』に引き続き、二作目『忍びの国』も面白かった。
    あまり歴史の表舞台に出ない所を、
    深く突っ込んでいて、そこそこノンフィクション性もある。

    が。。。今回の
    『小太郎の左腕』はフィクション性が高い。
    その分、ストーリーが単純で、戦国時代のカッコいい男の表現が
    明快で気持ちいい。

    深く矛盾点を考えてはいけない。
    素直に楽しめばいい。
    素直に楽しんでいけば、一気に読み進み、
    そうすれば、一気にはまり、

    最後には
    俺みたいに。。。。。。。


    嫁がONE PIECEを読み、チョッパーの懸賞金が
    50ベリーな事に吹き出し、



    妹が今更24のDVDを観て
    ジャックバウアーが嫁と娘、キムとテリーに全力で邪魔されまくって困惑する横で、





    1人だけ、
    号泣(ToT)
    する羽目になります。




    とまぁ、そんな感じで(どんな感じや(-_-#))
    過ごしている例年の山の家での正月。
    2日以外は吹雪く事もなくいい天気です。


    山に来てすぐは
    屋根の雪が溶けて落ちる音ゴォーーーーーー!!っとゆう音に、
    !(◎_◎;)
    怯えてどこにも逃げ場所はないのに、
    自分でリビングの扉を開けて、どこか遠くに俺達を置き去りにして逃亡しようとしていたふうたも、


    山から降りてきた


    仲間達とも再会し、



    野生を取り戻してきました。




    今回初の山の家のかみちゃんもロフトとかもある作りが気にいったらしく、あちこちで一日を過ごし。。



    ハルはマイペースで健やかに今年もお正月を過ごしております。


    それでは、皆様。。

    本年もよろしくお願いいたします。








    スポンサーサイト
  • ちょんっ♪っと!⇒
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    harubone

    Author:harubone
    望みはパドリングして、アウトにまで行けるようになること!
    夢の波待ち。
    左手駆使して書きます♪

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    厄神様の通り道

    携帯待ち受けFLASH作成所
    FC2カウンター
    リンク
    FC2ブックマーク
    ブロとも一覧

    KURY LOG

    週末波乗り・連休 心のふるさと つり橋の里キャンプ場

    171blog

    はぁ~い!ガッツあるっす!!
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    最新トラックバック
    FC2拍手記事別ランキング
    よよ♪
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。